INFORMATION

不動産投資は中古物件のメリットとデメリット

なるべく低予算で中古マンション・アパートを探すのが自然の流れだと思いますが、中古物件については注意も必要です。

中古物件のメリットは何と言っても新築物件よりも低価格だということ。
これは不動産投資を始めるに当たり、一番うれしいメリットです。
しかし当たり前のことですが、新築物件より設備が古く維持費がかかることも覚えておきましょう。
管理費・修繕積立金が滞納されているケースも多く、その場合は新しいオーナーの負担になってしまうのでご注意を。

1棟全室の賃貸管理を1社が責任をもっているのか、一般の分譲マンションで1室ごとに賃貸管理会社が違うのかを確認する必要があると思います。
1棟全室の賃貸管理を1社が責任をもっていれば、全入居者のチェックをしているのでオーナー様にとってはとても安心な物件になります。
もし、1棟の中に1室でも暴力団関係者や悪質な新興宗教団体の入居があったとすれが、、、 その物件で人気が出るとは思えませんよね。

正直に言えば、裏の裏まで物件を細かくチェックして購入出来るというケースは少ないと思います。
調査を頼んだとしても費用がかかってしまいますし、何かと不安も残るでしょう。

しかし気になる物件があれば諦めずにできるところまでチェックしてみてください。
今後を左右する重要なポイントだと思います。
物件を購入したとしても利益が出なければ何も意味がないのですから。