INFORMATION

不動産投資に重要なのは情報収集

今後起こりうる不動産投資の気を付けなければいけない点をあげてみたいと思います。

将来不動産投資に大きく影響すると言われている国内の少子化問題についてです。
高齢化社会に突入すれば高層マンションのニーズが減るかも、、、と頭に入れておいたほうが良いかもしれません。
特に東京都内でもニーズは減り、徐々に関東の外側へと人口が移るという考え方もあります。

そして、若年層に関しては未婚者・離婚者が年々増加傾向にあるということ。
こうなるとファミリー向けの物件ではなく、単身者であれば2K以上間取りだったりとニーズが変わってきます。
特に東京都内の方であれば、身軽でいつでも引っ越せる賃貸派がほとんどだと思います。
家を購入するという考え方がなくなってしまう日も近いかもしれません。

どんどん新しいマンションが建ち、街自体の風景が変わっていく場面をよく見ると思います。
しかしそこには必ず住む人が存在、生活をする人が存在します。
これはどんな土地でもそうですし、この先もずっと続くことでしょう。
不動産投資は、他の投資法と比較すればニーズの変化が遅いかもしれません。
しかし必ず変わる時期が来るのも不動産投資の特徴です。
投資は先遣の目がある程度必要になってきますが、それは不動産投資も一緒です。

しかし、この先遣の目をすべて自分でやる必要がないのも不動産投資の魅力の1つ。
これは不動産のプロの意見をいつでも聞けるからです。
先遣の目というよりは、情報収集が大事な投資法と言えるかもしれません。