INFORMATION

確実な不動産投資とは

不動産投資はギャンブルではありません。
リスクを回避しながら資産を増やすことを目的としています。

不動産投資で失敗する人の特徴は、不動産に原因があるのではなく取引パートナーに問題があったというケースがとても多いです。

しかしこれは投資者の基礎知識不足からくることも確かだったりします。

人任せの情報収集であったり、どこかを怠った結果が失敗へと直結します。
不動産投資で重要なのは、購入後の管理運用能力です。
確実な不動産投資をするには、良い取引パートナーを選ぶ事最重要と言えるでしょう。

そして目の前の高利物件にはすぐに手を出さないようにしておきましょう。
高利物件というのはリスクがつきものなので、高利物件をあやしむというだけでだいぶリスクを回避できるはずです。

実際に不動産投資で成功したという書籍やセミナー情報(人任せの情報収集)で利回り15%、20%という物件に飛びつく人はたくさんいます。
確かに冷静さを失ってしまう気持ちもわかりますが、これこそ知識不足の象徴です。

一番確実な方法は、多少利回りが低くても賃貸需要が旺盛な場所。
空室リスクや家賃下落リスクのほとんどない人気エリアのデザイナーズ物件、これが一番確実な不動産投資と言えるかもしれません。

ここで始めてプロの意見を聞いてみてください。
実際にプロの不動産ファンドが首都圏中心部の賃貸マンションに的を絞ってるのはこの理由からきています。

一見利回りが高く見える地方物件は確かに魅力的ですが、首都圏物件のリスクが少ない物件を必ずすすめられるはずですよ。